レビスマの効果と副作用
TOP > レビスマの効果と副作用

レビスマは効果の強さと即効性に関してはとても優れているED治療薬になります。製造中止になるので在庫も残りわずかになります。

レビスマとは?

レビスマとは?

レビスマとはレビトラのジェネリックになります。レビスマはPDE5が活発になりすぎないように阻害し、サイクリックGMPが活動しやすくなり、それと同時に体の血行をよくしてくれます。

血行が良くなる事で勃起状態になりやすくしてくれる効果あります。先発薬のレビトラは保険が適応されません。もし長期的に使用したいのであれば年間にかかる費用もだいぶいかかるのではないでしょうか。コスト的に考えるのであれば同じ効果、同じ成分であるレビトラのジェネリックであるレビスマの方がとても格安で入手する事ができます。

レビスマの効果

レビスマは20mgのみの販売になります。効果が出るまでの時間が15~20分なので、レビスマを服用後トイレやシャワーをしていれば出てきたと同時に効果が発揮できます。

またレビトラ系の薬に関してはEDの治療以外にも「早漏」「糖尿病」「肥満症」の改善にもよいとされています。時間を気にせず楽しみたい方、即効性がある勃起不全薬をお探しの方はレビスマを試してみましょう。持続時間も10時間ですので心に余裕を持ってセックスを楽しむ事ができます。

有効成分バルデナフィル

レビスマの有効成分はバルデナフィルになります。バルデナフィルの効果はレビトラと同様で体内への吸収速度が早くシルデナフィル(バイアグラ)以上に即効性もあり、バルデナフィルの作用は、勃起を妨げる酵素である5型ホスホジエステラーゼの働きを邪魔しペニスの血管が広がりペニスの正常な勃起状態をサポートしてくれます。

レビスマの効果の強さ

有効成分であるバルデナフィルが水に溶けやすいのが特徴なので体への吸収もとても早く、個人差はあるものの服用してから15分~20分で効き目が現れます。即効性がとても早いので急なシチュエーション時に大活躍してくれるレビスマになります。以前にバイアグラを服用しその際に副作用が出てしまった時に次によく試されるのがレビスマになります。

レビスマの半減期

半減期というのは薬の全体量が半分になる時間の事を言います。レビスマを服用後血中濃度がピークに達すると、その後の効果はどんどん弱まります。レビスマですと20mg服用する事で10時間の持続時間があるので5時間程で血中濃度はピークになります。5時間もあれば時間に余裕を持ちながら何度も楽しめるのではないでしょうか。

レビスマの即効性

レビスマの即効性

ED治療薬といえばバイアグラが一番最初に頭に浮かぶのではないでしょうか。バイアグラの次に日本で許可がおりたのはレビトラになります。レビトラとバイアグラを比べると即効性もあり効果も強いという臨床データもあります。

レビスマはレビトラのジェネリックになるので「セックスの5分前」「急にきたチャンス」には大抜擢なED治療薬だといえます。他のED治療薬と比べても驚異的な早さなのでレビトラはじめレビスマが沢山の人に支持されているのがわかります。

レビスマの持続時間

レビトラの持続時間ですが効果が発揮されるまでの持続時間の長さはいったいどれくらいなのでしょうか。レビスマは20mgしか販売されていません。効果が強いと感じた時は半分の量にし調節しながら服用しましょう。

もし10mgを服用するさいは5~6時間。20mgは8~10時間ほどになります。レビスマの持続時間にはレビトラと同様になり個人差はあるものの約10時間とされています。

レビスマの副作用

レビスマの副作用に関してですがどのED治療薬にも言える事でED治療薬を服用した事がある方は誰もがある程度の副作用は経験しているのではないでしょうか。個人差はあるもののレビスマの効果が薄まってくると自然と副作用は消えていきます。もしレビトラの効果がなくなってからも副作用が続くようでしたらからだに合っていなかった事も考えられるのでその際は病院に行き医師に見てもらいましょう。

レビスマの副作用に関しては基本レビトラと同様の副作用になり「めまい」「ほてり」「鼻づまり」「動悸」「頭痛」などが上げられ、この副作用に関してはレビスマの有効成分であるシルデナフィルが体内に吸収されているという証拠になるので特に問題のない副作用と言えます。もし副作用が強く感じる方はレビスマをピルカッターで半分にし服用する事で症状が治まる事があります。

レビスマの服用方法

レビスマの服用方法

レビスマの成分であるバルデナフィルは水に溶けやすいのが特徴になりますので15分~45分ほどで効果が現れてきます。この事からレビスマの服用は性行為の30分前に水、ぬるま湯で服用するのがベストになります。

服用に関しては1日1錠までとなり次回服用できるのは24時間後になります。もし1錠服用した事で効果が強く感じた方はピルカッターを使用し半分にして服用してみましょう。

容量、用法に関してはかならず守るようにしましょう。レビスマはレビトラのジェネリックになるので「食事」「アルコール」の影響は少ないとされていますが効果をしっかり出したい場合は空腹時に服用するようにしましょう。

服用時の注意点

現在薬を服用している方はレビスマと併用しても問題がないか、かかりつけの医師に相談の上レビスマを服用するようにしましょう。抗真菌薬などの薬の成分の中にはレビスマと相性があわないものもあります。

もし同時に服用してしまうと体に悪影響を与える恐れがありますので注意しましょう。レビトラを服用する際には「アルコールで服用」「グレープフルーツ(ジュース)」での服用は避けましょう。

レビスマ本来の効果がなくなってしまう恐れがあります。レビスマは1度に多用してしまうとペニスの血管が拡張していくので体に対する危険性が高くなるので注意しましょう。

併用禁忌薬

レビスマを服用するにあたり下記にあてはまる方は医師に相談してから服用しましょう。
・バルデナフィル塩酸塩水和物(有効成分)に対しアレルギー反応がある方。
・脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などの重大な病歴が6ヶ月以内にある方。
・ヨヒンビン、アルプロスタジルを併用している方。
・ニトログリセリン、硝酸イソソルビド、亜硝酸アミルを投与中の方。
・貧血症状、アレルギー、心不全、眼疾患、胸痛、不整脈、癌などの特定持病を持っている方。
・肝機能障害が重度の方。
・低血圧、高血圧で血圧の管理ができていない方。

アルコール併用は可能?

レビスマはレビトラのジェネリックになるのでレビトラ同様アルコールの影響は受けにくいとされています。しかしアルコールにはED(勃起不全)とは関係なく勃起の作用自体を低下させる傾向があります。

許容量を超えた飲酒はレビスマの薬の効果を半減させる恐れがあります。その他にも服用するときの体調も関係しており、普段は問題のない少量の飲酒でもレビスマの効果を発揮しない事があります。

飲酒に関してはもし避けられるのであれば避けましょう。またアルコールを併用する事で「神経伝達の乱れ」「意識の低下」などの副作用が見られる事がありますので注意が必要です。

レビスマの値段

レビスマの値段

レビトラには一般的に処方や販売されているのは1500円~2500円とされています。では次にレビトラのジェネリックであるレビスマの値段はいくらになるのでしょうか。レビスマの1錠あたりの値段は315円~450円になります。

病院でもよく処方されているので安心して服用する事ができます。少し値段は高いものの即効性に関してはレビスマが1番なのではないでしょうか。急な誘いにすぐに対応してくれると思えば安く感じてしまいます。

レビスマの通販

レビスマは効果が現れるまでの時間がとても早く持続時間も長いので海外でも日本でも人気のED治療薬になります。皆さんがよく利用するアマゾンや楽天ではED治療薬は販売されていません。

ではレビスマはどこで購入する事ができるのか。購入方法は個人輸入代行業者(通販サイト)を利用することが1番安く確実に入手できます。通販サイトと聞くと少し不安な面もありますが、購入する前に、口コミなどをチェックしてみたり、電話対応は行っているかなど確認しながら安心できる通販サイトを見つけ購入しましょう。ED治療薬は人によっては頻繁に購入するものになります。家計を圧迫しないように経済的な方法を選択しましょう

まとめ

即効性を求めている方は断然レビスマがおすすすめです。ED治療薬には様々な種類が販売されています。実際に購入しようと思っても正直悩んでしまいます。レビスマは価格も安く緊急時にもすぐに効果を発揮し副作用も他のED治療薬と比べたら少ない方なので初めてED治療薬を服用する方でも安心して服用する事ができるのではないでしょうか。レビスマでしたら費用を抑えながらEDの治療をする事ができます。