レビトラは即効性と強い効果

レビトラは効果の強さと即効性に関してはとても優れているED治療薬になり勃起不全や早漏防止にも効果があります。

レビトラとは

レビトラとは

レビトラはバイアグラの次に登場し2004年に厚生労働省の承認を受け国内で2番目にED治療薬として承認されました。現在では世界70カ国以上で承認されているとても認知度が高いED治療薬になります。

レビトラは他のED治療薬と比べ即効性が高く食事の影響も受けにくく更にバイアグラよりも持続性が長いというメリットがあります。またレビトラは薬価が決められていないので医療機関では保険適用外となり実費診療になります

レビトラの効果

レビトラの効果

レビトラの効果はなんらかの理由により広がりにくくなった陰部の血管を拡がりやすくする事で血流の流れをよくし勃起を助ける働きがあります。ですので「勃起不全」「勃起状態を維持できない」と悩みを抱えている方はレビトラを服用する事で、外部からの性的な刺激や興奮を感じる事で勃起のお手伝いをしてくれます。レビトラの効果は性的刺激がなければ勃起は起こりません。またレビトラには早漏防止の効果もあります。

有効成分バルデナフィル

バルデナフィルはED治療薬であるレビトラの成分名になります。正確にはバルデナフィル塩酸塩水和物と言います。バルデナフィルは体内への吸収速度が早い為にシルデナフィル(バイアグラ)以上に即効性があり、更に食事の影響も受け難い傾向があります。

バルデナフィルはシルデナフィル(バイアグラ)を改良したED薬といえます。レビトラの有効成分であるバルデナフィルの作用は、勃起を妨げる酵素5型ホスホジエステラーゼの働きを邪魔する事ができ、レビトラを服用する事でバルデナフィルの働きが男性器の正常な勃起状態をサポートしてくれます。レビトラには10mg、20mgと販売されていますがバルデナフィルの量を示しています。数字が大きければ効果も強くなります。

レビトラの効果の強さ

レビトラは強い効きめが特徴の勃起改善薬とされています。病気の期間が長い「糖尿病」「脊髄障害」によるEDや、今まで勃起改善薬の効果を実感できなかった方でも改善が見込めます。では「強い効きめ」とはどの位なのか。

それはレビトラの10mgがバイアグラの高用量である50mgと同等の強さになります。よってレビトラの20mgに関してはバイアグラの効果をはるかに超えている事になります。もし高齢者の方が服用した場合の効果の強さは、非高齢者と比べ1.3倍ほど数値が高くなります。

レビトラの半減期

半減期とは薬の全体量が半分になる時間を示します。血中濃度がピークに達してしまうと薬の効果はどんどん弱まってきます。レビトラの半減期は10mgで3時間、20mgで5時間程になります。

レビトラの場合効果の持続時間が5~6時間ですが半減期は服用してから3時間になるので2~3時間程度で効果は半減しているのが分かります。半減期まではある程度のしっかりした効果が期待できます。

レビトラの効果を最大にだしたい時は持続時間中である最初の2~3時間を活用するのが効果的だといます。できれば半減期になる前に性行為をしておく方が効果が切れる事無く安心できます。

レビトラの即効性

レビトラは即効性に優れており、服用してから15分で効果が得られます。例えば急にベットに誘われた場合でもすぐに対応できます。ほかの勃起薬と比べると驚異的な速さなのでレビトラが沢山の人に支持される大きな要因となっています。

なぜ即効性が高いのかそれはバルデナフィルの吸収の速さに関係しています。レビトラは胃の中に入るとすぐに溶けだし浸透し体に吸収されていきます。結果短時間で充実した勃起力が現れるのです。

他のED治療薬の勃起のスピードは「バイアグラは30分~1時間」「シアリスは1時間~2時間」「レビトラは10分~30分」個人により多少の差はあるもののレビトラの効果の速さは一目瞭然ですね。

レビトラの持続時間

レビトラの持続時間ですが効果が発揮されるまでの時間と効果の長さに関してですがいったいどれくらいなのでしょうか。レビトラには10mg、20mgとあり持続時間はそれぞれ異なります。10mgに関しては5~6時間。20mgに関しては8~10時間ほどになります。

レビトラの副作用

レビトラの副作用

レビトラは副作用が少ないとされていますが1度に大量摂取したり心臓が弱い方が服用してしまうと重度の副作用が出る恐れがあります。また併用禁忌薬も副作用を強める原因になるので気をつけましょう。

レビトラを服用した方で多くの人が感じる副作用は「顔のほてり」になりますが、この副作用は血管が広がる事で起きているので、効果が出はじめた証拠になります。その他のレビトラの副作用として報告されているのは「動悸」「目の充血」「頭痛」「鼻づまり」「消化不良」「股間の痛み」などの症状になりますが、この副作用に関してはED治療薬すべて共通の副作用になります。

また個々により副作用の出かたも変わってきます。どの症状も時間が経ち効果が薄れる事で副作用もおさまってきますので特に気にする必要はありません。副作用の注意点は「長時間経っても副作用が改善されない」「勃起が4時間以上持続する」「色覚異常」「難聴」などの症状がある場合はすぐに医師の診察を受けましょう。

レビトラの服用方法

レビトラの服用方法

レビトラは即効性があるので連続で服用するのは避けましょう。可能ならば24時間は間隔をあけることが推奨されています。なぜ間隔をあけた方がよいのかはレビトラの副作用が関係してきます。短い時間で連続服用する事で副作用のリスクが高まります。

服用時の注意点

「血糖値が高め」「コレステロールが高い」「糖尿病」「体が大きい」「肥満の方」「うつ病などの治療薬によるEDの方」はレビトラの10mgではあまり効果が実感できない可能性があります。その場合は20mgを試してみましょう。

レビトラを安全に服用するには服用する量も大切になってきます。自分に合った適量以上に服用してしまう事で副作用が強くでてしまう可能性があります。もし10mgで効果が実感できる場合はそれ以上の量を服用するのはやめましょう。効果が実感できなかった方は20mgを服用してみましょう。

併用禁忌薬

併用禁忌薬とは他の薬と一緒に服用する事で効果が強く出過ぎてしまい体に支障が出てしまいます。併用禁忌薬は下記になります。レビトラと併用するのはとても危険になりますので現在服用している方は医師に相談しましょう。

・バルデナフィルに対し過敏症の既往歴のある方。
・硝酸剤、一酸化窒素、供与剤を投与されている方。(ニトログリセリン、ニトロダーム、ニトロペン、ミオコールスプレー(ニトログリセリン)、ミリステープ)
・抗HIV薬を投与されている方。(ノービア、クリキシバン、レイアタッツ、フォートベイス、インビラーゼ、レクシヴァ、カレトラ、プリジスタ)
・重度の肝障害のある方。
・抗真菌薬(内服)を服用されている方。
・慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を服用されている方。

アルコール併用は可能?

レビトラは他のED治療薬と比べアルコールに関しては影響がでにくいとされていますが飲酒量は適度に抑えましょう。大量に服用する事でレビトラの効果を半減させてしまう可能性があります。

その他にもジュースで服用する事も可能ですがグレープフルーツジュースに関しては「フラノクマリン酸」の成分がレビトラの吸収率を高め血中濃度を上昇させる作用があるので、効果が得られるように思いがちですが副作用に関しても高めてしまう可能性があるので気をつけましょう。上記の事から服用する際には避けられるのであればアルコールやグレープフルーツを避ける事でよりしっかりした効果が期待できます。

レビトラの値段

レビトラの値段

【病院の場合】
レビトラは保険が適用されません。病院で処取り扱っているレビトラの種類は5mg、10mg、20mgになります。 1錠あたりの値段は下記になります。
・10mg1錠あたり1500円
・20mg1錠あたり2000円

になります。その他にも診察代も保険が適用されないので全額負担になります。保険が適用されない事で経済的に負担がかかりやすくなります。

【通販の場合】
まとめて購入する事で1錠あたりの値段が安くなり安価で購入できます。
・レビトラ10mg(4錠入り)5480円。1錠あたり1370円
・レビトラ20mg(4錠入り)5680円。1錠あたり1420円
・レビトラ20mg(12錠入り)16180円。1錠あたり1348円
・レビトラ20mg(28錠入り)35780円。1錠あたり1277円

レビトラを通販で購入する事で、薬代以外はかからないので経済的に楽になるのではないでしょうか。また病院で処方されるレビトラと通販で販売されているレビトラは同等の効果を発揮します。

レビトラのジェネリック医薬品について

レビトラのジェネリック医薬品について

レビトラにはジェネリックも販売されています。レビトラと同じ成分を持ち同じ効果を発揮するうえに費用に関しては6分の1に抑える事が出来てしまいます。レビトラのジェネリックは通販サイトを利用する事で簡単に購入ができてしまいます。ちなみに通販サイトではレビトラのジェネリック医薬品は種類が沢山ありますので下記で紹介していきます。

レビトラのジェネリック医薬品の詳細、購入はこちら

バリフ

バリフ

バリフとはレビトラのジェネリックになり、水に溶けやすく即効性が高いED治療薬になります。レビトラのジェネリックになるのでレビトラ同様に食事への影響は受けにくいとされています。

バリフの効果はレビトラに負けないほど効果を発揮するのでしっかりEDを改善したい方にオススメになります。バリフは通販サイトで購入する事ができます。いくらで購入できるのか紹介します。

まず20mgが販売されており、10錠入りで1錠あたり190円。30錠入りで1錠あたり171円。100錠入りで1錠あたり152円。になりレビトラと比べるととても安い値段で購入する事ができます。

レビスマ

レビスマ

レビスマとはレビトラのジェネリックになり、水に溶けやすく即効性が高いED治療薬になりますので素早い効果を発揮してくれます。早い方だと15分程で効果が現れる方もいます。

レビスマは他のED治療薬と比べても即効性に関してはレビスマが1番になります。レビトラのジェネリックになるのでレビトラ同様に食事への影響は受けにくいとされています。

レビスマは通販サイトで購入する事ができます。いくらで購入できるのか紹介します。まず20mgが販売されており、4錠入りで1錠あたり450円。20錠入りで1錠あたり405円。40錠入りで1錠あたり315円。になりレビトラと比べるととても安い値段で購入する事ができます。

ジェビトラ

ジェビトラ

ジェビトラとはレビトラのジェネリックになります。内容量が20mg、40mg、60mgと販売されているので持続させたい時間に合わせて服用する量を使い分ける事ができます。

また60mgに関しては肥満体質の方でも服用すると効果が期待できます。レビトラのジェネリックになるのでレビトラ同様に食事への影響は受けにくいとされています。ジェビトラは通販サイトで購入する事ができます。

いくらで購入できるのか紹介します。まず20mgが販売されており、10錠入りで1錠あたり234円。30錠入りで1錠あたり210円。40mgは10錠入りで1錠あたり288円。30錠入りで1錠あたり259円。その他にも60mgも販売されています。レビトラと比べる10分の1の値段で購入する事ができるので安く購入したい方はジェビトラがオススメになります。

ブリトラ

ブリトラ

ブリトラとはレビトラのジェネリックになり、水に溶けやすく即効性が高いED治療薬になりますので素早い効果を発揮してくれます。早い方だと15分程で効果が現れる方もいます。

レビスマは他のED治療薬と比べても即効性に関してはレビスマが1番になります。レビトラのジェネリックになるのでレビトラ同様に食事への影響は受けにくいとされています。

ブリトラは通販サイトで購入する事ができます。いくらで購入できるのか紹介します。まず20mgが販売されており、10錠入りで1錠あたり192円。50錠入りで1錠あたり172円。100錠入りで1錠あたり153円。になりレビトラと比べるととても安い値段で購入する事ができます。

レビトラの通販

レビトラは通販を利用する事で安価で購入する事ができます。「病院に行く時間がない」「周りにばれたくない」「少しでも安く済ませたい」そのような方に通販は向いています。

レビトラは通販で購入する事で20mgを1200円から購入できます。病院で処方してもらうと2000円掛かるので差額は一目瞭然ですね。せっかく購入するのであれば少しでも安く購入しましょう。下記では通販のメリット・デメリットについて紹介しています。

個人輸入代行とは?

個人輸入とは海外から気になる医薬品を購入したい場合特別な手続きが必要になります。その際には相手の国の言葉でやり取りをしなくてはいけません。相当な語学が必要になってきます。

ではどうやって海外から気になる医薬品を購入すればよいのか。そこで個人輸入代行の出番になります。個人輸入代行が私達の変わりに輸入の手続きを引き受けてくれるので、私達は一切手続きに関与しなくてよいのです。

個人輸入代行という通販サービスがありそこで個人輸入代行が輸入してくれた医薬品が販売されています。現在インターネットのおかげで個人輸入代行の通販サービスを手軽に利用できるようになり、利用する方も増えてきています。私達もそのサイトから好きな医薬品を選ぶだけで購入ができるようになっています。

個人輸入代行のメリット

個人輸入代行(通販)のメリットとはいったいどのようなものがあるのか。それはわざわざ時間を作り病院に行かなくて済みます。「病院に行くのが面倒くさい」と言う方にはピッタリだと思います。

その他にも様々な医薬品の種類が販売されているので自分の求めている医薬品に出会う事ができます。更にまとめて購入する事で1錠あたりが安くなるのも通販ならではのメリットになります。

せっかく購入するのであれば効果はしたくないと思います。自分に合った医薬品を見つけたい方は個人輸入代行(通販)を利用する事で悩みが解決できます。個人輸入代行(通販)は自宅に荷物を届けてくれるので周りにばれる事はありません。荷物にも商品名は記載されません。「人目が気になってED治療薬が使えないと」いう方は是非利用してみましょう。

個人輸入代行のデメリット

個人輸入代行のデメリットもいくつかあります。個人輸入代行(通販)を利用する際にはデメリットも頭の中に入れておきましょう。そして理解した上で購入しましょう。デメリットは下記になります。

・個人輸入代行(通販)は医薬品が海外から発送されるため自宅に届くまで2週間ほどかかる場合があります。
・人気のある医薬品は売り切れ安いので気に入った医薬品を見つけた際はストック分を購入しておく事をオススメします。
・購入時に実際に医薬品を手にとり確認する事ができません。

まとめ

レビトラまとめ

レビトラの即効性に関しては上記を読んで頂いたら伝わったのではないでしょうか。レビトラは「ベットに入ってから服用しても間に合う」と言われています。緊急時の為に鞄にレビトラを忍ばせておけばいつでも対応できてしまいます。ED治療薬に関しては偽物も多く出回っているので信用できるサイトを見つけ購入しましょう。レビトラがあればいつでも女性との時間が楽しめますね。